2017年11月26日日曜日

発表会

人前で弾く場合に、緊張する時としない時がある。
その違いは何だろう。自分の内側で。

練習以上には弾けないから、緊張しても崩壊しないくらい十分な練習を積むこと...、
これ以外にはないのだけれど。

でもコントロールできなんだろうか、ちょっとくらい。
前に緊張しなかった時のことを思い出してみる。
アヴェマリアとオブリビオン...両方ピアソラですごく好きな曲、そして白い系の楽譜。
(早い曲については、緊張しなくても仕上がり自体があやしく途中で崩壊する)
好きな曲、何度も何度も聞いて曲のイメージをつかむくらいの難易度の曲、弾いてて気持ちいい曲。

私の場合、緊張しないのとピアソラはセットなのか!?

...って、本番前に考えてもねえ。

+++
とても美しいディッタースドルフのコントラバス協奏曲の2楽章(バッハの羊は静かに草をはみを思い出してしまう)、それと、愛の悲しみ(超有名曲)では、
弾いている時、映画でも見ているような感じになり、あんまり覚えていないのだけど、
なぜか上手くいかなかった部分だけは感覚が鮮明になる。
だから、弾き終わった後は、緊張して全然てできなかった!という感想になるのだけど
冷静になってみると、練習の6,7割くらいの出来なのではないかなー。

やはり、十分な練習を積むこと、あとは聞いてイメージ固めること、これしかない。

がしかし、来年はピアソラにしよう♪

2017年11月6日月曜日

映画連休

■■■
この連休で、映画を何本か見た。
「ブレードランナー2049」。
前作とをつなぐ3本の短編も、じーさんが準備として見せてくれた。
imaxは3Dばかりなので普通の2Dで見た。
映像がきれい。3Dじゃないimaxでみたいわー。
個人的に、ストーリーは前作派である。
「今回のはソリットな感じで、 もう少し湿っていたほうが、ぐっとくるよね。」
(←もはや脳内イメージを具体的に言い表す言葉を、頭の引き出しから瞬時に選び取れない。)

しかし映画館、暑かった。気温が上がったからだと思うけどあの温度で3時間はツライ。
せっかくのお出かけなのでキモノ着ていったし。(洋服のじーさんも暑かったらしい)
個人評価がマイナス気味なのはそれもある。

+++
彼女がその名を知らない鳥たち」
蒼井優ちゃん、阿部サダヲ、見たいでしょ、とひとりで見に行く。
女性客多し。
ストーリー的にはブレードランナーより入っていけたけど
ラスト、まわりの観客のすすり泣きに驚く。えー!なんでこれで泣けるの?

泣きポイントが変わってしまったのか?
トシのせい?
(最近amazonプライムビデオでみた「コウノドリ」ではずっと泣いてたし、涙は出る!)
あ!恋愛モノから命とか子供モノに泣きポイントが移動したのか...。

amazonプライムビデオのせいで、
映画や昔のドラマを見るようになってますます時間を消費している。
じーさんもガンダム見直している。

■■■
コントラバスの発表会で弾く「愛の悲しみ」。
高音ばかりで休符がない。よって腰が痛くて長くは練習ができない。
発表会までもうすぐ。
白い音符の曲なので音楽するスキルないのが余計に目立つ。

2017年9月1日金曜日

■■■

フランス土産に、娘から素敵なタオルをもらいました。素敵な青!
かといって、これで汚れを拭く気にもなれず、冷蔵庫にかけてあります。
ああ、部屋がこんなかかわいいモノであふれていたら、気にせず使えるのに!

+++
大島紬買いました。藍大島です。
あの独特の黒と藍色にすっかり心奪われてしまって、
手持金と出回っている色と心とのバランスを取りながら、じっと息をひそめて待つ。
大島紬、中でも藍大島の年々減少する生産量などを調べながら待つ。待つこと半年。

効率化のご時世の中、
独特の黒色を出すために、どれだけ手をかけているんだ!?という工程数を経ています。
こんなに手をかけても、着物の格としては普段着。
でも、そこがまたいい気もする。(←もはや言い訳)

でも自分の今取り組んでいる仕事(生産効率性をあげましょう!)と
まるで反対の方向の生産物にひかれるとは...。

泥染の工程をぐぐってみる。
http://himemaru.net/find/2011/06/29/oshima/
https://www.google.com/culturalinstitute/beta/exhibit/%E6%9C%AC%E5%A0%B4%E5%A4%A7%E5%B3%B6%E7%B4%AC/KQIy7n8uomYiIQ?hl=ja

今では洋服で泥染あります。
素敵な色です。でも40過ぎたら着物という選択肢あり、と思います。
洋服だと、娘のほうがほぼ絶対似合うんですよ...。

+++
「すみませんが、これを手配してください。」
娘から送られてきたamazonのURLの先にあるのはペール。つまりはバケツです。
家で藍染めをするらしい。借りてる部屋だとにおうから、家でやる、とのこと。
ご近所迷惑にはならないのか?と思いつつも、
一緒に蚊取り線香(対やぶ蚊の強力なほう)も一緒に注文してしまう親心。

2017年7月30日日曜日

夏休み前

■■■
3人別々の生活になって、家で会話がないと、
会社行っての一言目がスムーズにでません。
わたしの会話回路が錆びれてきてる感じ。

+++
家の1階ベランダで雀が和んでる。
それを見てまた人も和んだりしてます。


毎日長時間通勤も頑張れるのは、こんな休日があるからかも。
この家を離れた生活は考えられないのも、また確か。

+++
娘が海外へ行ってる。親としては心配満載です。
大学卒業後のための下見、と本人は言うが。
「アナタは何やりたいの?」の答えを持っていない段階で
とりあえずの留学は本当に良いのか。
親の脛には限りがありますし 。


でも語学ダメダメな親からすると、
高校までの英語の授業で「基本英語通じるでしょ。」と言えるアナタが、
それだけでたいしたもんだと思います、ほんと。

無事帰ることを祈るよ。


2017年5月5日金曜日

2017GW

■■■
5月1、2日とお休みつけて9連休です。
会社に休暇願を出した後に、会議入りましたが「休みます」。

娘は学校あるので、
じーさんと二人、じーさん実家によって伊勢神宮と志摩に行きました。
伊勢神宮連休中で人はいっぱいいたけど、
休日の観光地なんて歩けないくらいなところに住んでいるから、少ないくらいです。
時間の関係で、内宮のみお参り。
(正式には外宮からです、っていろんな人に言われたけど)

 五十鈴川、川床が見えるくらい澄んでいる。伊勢内宮は涼しい。

おかげ横丁散策して、各駅停車で志摩へ。
ローカル線の景色がとてもいいです。

志摩観光ホテル、ベイスイートへ。
GWのなか日、一部屋空いてたんですよね、だからお休みを入れたんですよ。
ここの夕日が見たくて、何日も前から「晴れろ」と念を送っていたのでした。
晴れてよかった。

事前にじーさんの誕生日ということを告げておいたのですが、チェックイン時、
「本日はお誕生日ということで、ロイヤルスイートのお部屋にさせていただきました。」
「えー!」(私とジーさんの驚きと歓喜の声)

一番広い部屋なんだそうだ。
伊勢志摩観光ホテルは伊勢志摩サミットのあったところで、

 オランドさんが泊まったココですよ。

中入ってもっとびっくり。広すぎてびっくり。
自慢したいけど写真では自慢できない広さ。210平米だそうです。
とりあえず、一個ずつソファに座ってみたり。
最終的にはベランダに座って外の景色を見る、ことに落ち着く。

 ベランダからただただぼーっと夕日を見つめるのみ。
 きてよかった。 

朝食。果物とシャンパーニュ。至福。

中庭散策や、ラウンジでゆったりしたり、屋上から景色をみたり。
あと1日いたい、と思うホテルです。
年配の方が多いです。私たちは若いほう。
都心近くに住んで休日自然の中でゆっくりすることに価値を感じる、自己中な私たち、
いや需要と供給でwinwinよねっ、て自分を納得させようとする、うしろめたさも感じたりします。


さて、かなり優雅な1泊旅行でしたが会社の福利厚生で補助が出るのです。確実に申請しないと!

■■■
GW、娘は往復の電車賃がないので帰ってこないんだって。
学校の課題と語学学校でバイトそんなに入れてない、そして親は生活費は潤沢に入れていない...。

で、昨日母が、お土産の乾物類をもって訪問。
カーテンもないので雨戸開けていないそう。
「カーテン、買ってあげるよ」、とか「帰ってくるときの電車賃くらい出してあげるよ」、
親なら言っちゃうよね。

昨日は近所の鳥料理の店で、おいしいお酒を娘と飲む。
日本酒が美味しすぎ。