2017年9月1日金曜日

■■■

フランス土産に、娘から素敵なタオルをもらいました。素敵な青!
かといって、これで汚れを拭く気にもなれず、冷蔵庫にかけてあります。
ああ、部屋がこんなかかわいいモノであふれていたら、気にせず使えるのに!

+++
大島紬買いました。藍大島です。
あの独特の黒と藍色にすっかり心奪われてしまって、
手持金と出回っている色と心とのバランスを取りながら、じっと息をひそめて待つ。
大島紬中でも藍大島の年々減少する生産量などを調べながら待つ。待つこと半年。

効率化のご時世の中、
独特の黒色を出すために、どれだけ手をかけているんだ!?という工程数を経ています。
こんなに手をかけても、着物の格としては普段着。
でも、そこがまたいい気もする。(←もはや言い訳)

でも自分の今取り組んでいる仕事(生産効率性をあげましょう!)と
まるで反対の方向の生産物にひかれるとは...。

泥染の工程をぐぐってみる。
http://himemaru.net/find/2011/06/29/oshima/
https://www.google.com/culturalinstitute/beta/exhibit/%E6%9C%AC%E5%A0%B4%E5%A4%A7%E5%B3%B6%E7%B4%AC/KQIy7n8uomYiIQ?hl=ja

今では洋服で泥染あります。
素敵な色です。でも40過ぎたら着物という選択肢あり、と思います。
洋服だと、娘のほうがほぼ絶対似合うんですよ...。

+++
「すみませんが、これを手配してください。」
娘から送られてきたamazonのURLの先にあるのはペール。つまりはバケツです。
家で藍染めをするらしい。借りてる部屋だとにおうから、家でやる、とのこと。
ご近所迷惑にはならないのか?と思いつつも、
一緒に蚊取り線香(対やぶ蚊の強力なほう)も一緒に注文してしまう親心。

2017年7月30日日曜日

夏休み前

■■■
3人別々の生活になって、家で会話がないと、
会社行っての一言目がスムーズにでません。
わたしの会話回路が錆びれてきてる感じ。

+++
家の1階ベランダで雀が和んでる。
それを見てまた人も和んだりしてます。


毎日長時間通勤も頑張れるのは、こんな休日があるからかも。
この家を離れた生活は考えられないのも、また確か。

+++
娘が海外へ行ってる。親としては心配満載です。
大学卒業後のための下見、と本人は言うが。
「アナタは何やりたいの?」の答えを持っていない段階で
とりあえずの留学は本当に良いのか。
親の脛には限りがありますし 。


でも語学ダメダメな親からすると、
高校までの英語の授業で「基本英語通じるでしょ。」と言えるアナタが、
それだけでたいしたもんだと思います、ほんと。

無事帰ることを祈るよ。


2017年5月5日金曜日

2017GW

■■■
5月1、2日とお休みつけて9連休です。
会社に休暇願を出した後に、会議入りましたが「休みます」。

娘は学校あるので、
じーさんと二人、じーさん実家によって伊勢神宮と志摩に行きました。
伊勢神宮連休中で人はいっぱいいたけど、
休日の観光地なんて歩けないくらいなところに住んでいるから、少ないくらいです。
時間の関係で、内宮のみお参り。
(正式には外宮からです、っていろんな人に言われたけど)

 五十鈴川、川床が見えるくらい澄んでいる。伊勢内宮は涼しい。

おかげ横丁散策して、各駅停車で志摩へ。
ローカル線の景色がとてもいいです。

志摩観光ホテル、ベイスイートへ。
GWのなか日、一部屋空いてたんですよね、だからお休みを入れたんですよ。
ここの夕日が見たくて、何日も前から「晴れろ」と念を送っていたのでした。
晴れてよかった。

事前にじーさんの誕生日ということを告げておいたのですが、チェックイン時、
「本日はお誕生日ということで、ロイヤルスイートのお部屋にさせていただきました。」
「えー!」(私とジーさんの驚きと歓喜の声)

一番広い部屋なんだそうだ。
伊勢志摩観光ホテルは伊勢志摩サミットのあったところで、

 オランドさんが泊まったココですよ。

中入ってもっとびっくり。広すぎてびっくり。
自慢したいけど写真では自慢できない広さ。210平米だそうです。
とりあえず、一個ずつソファに座ってみたり。
最終的にはベランダに座って外の景色を見る、ことに落ち着く。

 ベランダからただただぼーっと夕日を見つめるのみ。
 きてよかった。 

朝食。果物とシャンパーニュ。至福。

中庭散策や、ラウンジでゆったりしたり、屋上から景色をみたり。
あと1日いたい、と思うホテルです。
年配の方が多いです。私たちは若いほう。
都心近くに住んで休日自然の中でゆっくりすることに価値を感じる、自己中な私たち、
いや需要と供給でwinwinよねっ、て自分を納得させようとする、うしろめたさも感じたりします。


さて、かなり優雅な1泊旅行でしたが会社の福利厚生で補助が出るのです。確実に申請しないと!

■■■
GW、娘は往復の電車賃がないので帰ってこないんだって。
学校の課題と語学学校でバイトそんなに入れてない、そして親は生活費は潤沢に入れていない...。

で、昨日母が、お土産の乾物類をもって訪問。
カーテンもないので雨戸開けていないそう。
「カーテン、買ってあげるよ」、とか「帰ってくるときの電車賃くらい出してあげるよ」、
親なら言っちゃうよね。

昨日は近所の鳥料理の店で、おいしいお酒を娘と飲む。
日本酒が美味しすぎ。



2017年3月12日日曜日

桜鼠色

桜の季節先取り、で桜色の帯締めを買った。
桜鼠色という色の名前を知る。きれい。

+++
春から娘は家を出ることになり、先日賃貸契約をしに都心まで。
せっかく出るなら、ついでに!とアフタヌーンティーを。


はじめの3段お皿以外にも、「いかがですか?」とサーブしてくれるので
(しかも1ループ後、振出しに戻って「いかがですか」!)
お腹いっぱいです。帯、苦しい。

雨降ってなければお出かけは着物(綿着物が多い)となり、
何着て出よう、がなくなりなんだか楽になりました。
定型って楽。
決まったお店、決まった食べ物、ルーチンで変化を求めないのは年を取ってきたからか。

とはいえ、来年からはじーさんが転勤となり
3人それぞれ一人暮らし(←えー!)。

まーしかし前よりは前向きな気持ちですね。



2017年2月18日土曜日

家族写真

■■■
成人式、後撮りです。 ついでに家族写真。
写真屋さん予約して、
当日は、お昼前から娘はヘアメーク着付け。
母も着物着た。
写真を撮る段になって、立ち位置とポーズを決めて、
「笑いましょう」
「はい笑いましょう。」
「はいいいですね、もう少し」
「ああ、いいですね」
「もっと、さあがんばって」(←もう、笑わないと終わりませんよ、に聞こえる)

の繰り返しで、娘、娘と母、じーさんも一緒に3人、で、3ポーズ。
一日かかりますな。
ぐったり。
小雨も降ってたし。

でも出来上がり楽しみです。



本命の振袖。写真屋さんのトイレ前で。
卒業式にはこれに袴にしたいそうな。
母がそれまでに着付け、できるようになるのか!?

 ■■■
某日、休みをとって、娘とランチ。カレーです。(木綿の着物着て、カレー)
それから紬を見に某所へ。
着付け教室の見学ツアーだったのですが、娘、ガン見で話をきいていました。
若い子の食いつきがよかったからか、
オジさんが喜んで話をしてくれたり、
奥から「こんなものもあるんですよ」って出してきて見せてくれたり。
面白かったです。
娘、「私、織元に見学に行くことにする。」だそうです。

私にとって、着物は着てナンボ、的な位置づけなのですが
(ワインと同じ。日常として着たいので、洋服と同じ値段オーダで考えます。)
娘にとっては工芸品なので、欲しいとか着るという発想はないらしい。

地元のおばあさんが1年かけて織った紬は、市場に出て何百万もしますが(そして買う人がいる!)、
糸を紡いだ人、染めた人、織った人の手元にわたるお金はかけた時間のわりには
微々たるものです。
パトロンと職人で工芸技術が受け継がれていくんですね。
なんかこのへんにもやっとした思いがあるのですが、
この「もやっ」が、自分でもよくわからない。今、整理できない。
まだ知らないことが多すぎるからですね。