2018年9月16日日曜日

半世紀生きたセルフお祝い

今日は1年ぶりにピアノの調律です。
うわんうわん言わなくなった。

+++
先週、1週間有休をとり、バリまで行ってきました。
(産休、病気以外でこんなに長い有休は初めてかも)
会社が、50歳の年に、各自のセカンドライフを見つめなおしてごらんってお休みをくれるのです。

4月から、飛行機やらホテルやらを調べて予約して、あっという間の6か月。
時間は加速度付きです。

バリは東京都の2.5倍の面積なんだそうだ。(ガイドさんが言ってた)
その小さいところに、海と山と民族音楽とヒンズーの神々とリゾートがギュッと詰まっている。
善と悪、生と死が拮抗している雰囲気(あくまえも雰囲気)が好きだし、
濃い緑と果物もエステも、バリの人の悪気の無い屈託なくぼったくる笑も、なんかいい。
値段の交渉が面倒で苦手なんだけれど、交渉の手管にやられた後は
わずかのお金でもとても損した気持ちになる。
これまでたぶん3回行っていて、最後に行ったのは15年前で、だいぶ変わっているんだろうな。
(この前行った上海も前行ったのは15年前だったけど、だいぶ変わっていたし)

航空券と宿の予約はexpedia
手配だけ代理店にお願いしようかとも思ったけど、
いちいちメールで問い合わせるのが面倒になって。
値段的にはどちらの方法も変わらないか、逆にバリ王なんかにお願いしたほうが安く済んだかも。
まあでも逐一確定していくほうが自分に合っている。
ホテルとの英語のやり取りはGoogleさん頼み。

直行便のガルーダインドネシア(ANAにマイレージが貯められる)。
日にちは、会社が忙しくなさそうな日で、夏休みは外す。
泊まる場所、これ重要。
観光地として開発されたヌサドゥア、サヌール以外にする。ビルタイプのホテルは苦手。
山(ウブド)は行こう。
海は、スミニャックかジンバランか...。
スミニャックだったらオベロイ泊まりたいなー。
山だったら、ピタマハ泊まりたいなー。

そうやって値段を積み上げていったら大変なことになったので、今回は山のピタマハをメインにする。
街中に泊まったことがないしクタで夕日を見るのもいいかもと思い始める。
スーパーもあるから値段交渉しないでお土産も買えるし。
クタでは珍しいバリのトラディッショナルなホテル、expedeiaではやたら評価の高いポピーズバリにする。

(expedeiaのホテル評価は、コストフォーマンスやその国らしさの有無とかが
高評価につながっている気がする)
外国の方が、日本の旅館を探す感覚か!


空港に近いクタに2泊、そこからウブドに移動して2泊、
最終日は夜中の出発なのでレイトチェックアウトにしよう。
ホテル移動時間を利用してGさん用に観光をちょっと入れればいいかも。
あとは、基本ゆっくりする旅にするのだ!




とりあえず、写真だけアップして、旅メモはこれからおいおい書いていく。
 














2018年7月8日日曜日

今日は早起きして草むしりをしました。

ブログ、書かなくなっちゃったな。
新しいこと、いや書き留めたい面白いことがない。
タイトル一文の一日です。
会社の仕事はお役所的な仕事になってしまったし。 (海外出張、行きたくないし)

書き始めの文章を読みはじめたら、娘は小学校5年生だった!
10年以上たったのだ。
...あぶないあぶない、際限なく読んじゃうところだった。

”私の知っていること、思うこと”をとにかく話して詰め込んで育ててみたら
心と体が若干アンバランスな感じに育ってしまった感がある娘。
まわりの友達が、大学の先の行き先が決まってくる中で
彼女の将来はまったくあやふやだけど、
とにかく一人で食べていけるんだったら、それでもういいわ、と思う。

親が手伝えることはもはやないな、お金以外は....。



2018年5月2日水曜日

GW2018

転勤後、1か月過ぎました。
ほんとに1か月かってくらい、前の職場からすっきり今の仕事に入ってます。
もともと前の前の職場に仕事内容が近いので、出張多くても違和感なし。

胃が痛いことと言えば語学でしょうか。
いきなり中国出張がはいったりしてイヤな予感。
ここ10年避けに避けてきたけど50手前になって捕まるとはね。
(落ち着かないので文法の本を読みだしたりしてます。)

今の職場は私服通勤だけど(いままでは作業服の女工さんスタイル!)
私は毎日の服選びに時間をかけたくないので、
同じブランドの丈違いを黒で統一して何着か準備して順番に着て行っています。
これ便利ー。


GWは、
amazonプライム で映画観たり、
映画館で映画観たり、
じーさんの誕生日にエビフライつくってシャンパーニュ開けたり、
練習したり
グダグダしてます。

ピアソラの「タンゴの歴史」から1930年と1960年をやりはじめました。
グランタンゴも楽譜はソロ弦用におこしたけど、これをやってしまうと
最終目的がなくなったっちゃう気がするので、なんだか先延ばししてしまう...。

娘は相変わらず家には帰ってこないけど、
友達を訪ねてドイツへ一人旅...からも帰ってきたもよう。
そしてこのGWは二人で実家に帰る。(しかし1泊)
えきねっとで予約したけどカード限度額超えてしまって
カード会社に一時的に限度額アップ依頼の電話..つながらない!
「カードのご利用は計画的にね」とじーさんに言われる始末。

お出かけに着物着るのも日常になってきた。
木綿の着物が気持ちいい季節。もう一着ほしいな、と。

2018年3月30日金曜日

年度の終わり

4月から転勤。
新幹線通勤ともお別れです。
今は、感慨に浸っている...。
3月の半ば海外出張から引継ぎ、立ち上げ、後始末。
PCのデータ整理が終わらなかった。とりあえず圧縮。いいのか?
次のお仕事は、私の最大の弱点、語学と体力が必要だとか!
もう50のおばちゃんなのに、それはキツイ。

2017年11月26日日曜日

発表会

人前で弾く場合に、緊張する時としない時がある。
その違いは何だろう。自分の内側で。

練習以上には弾けないから、緊張しても崩壊しないくらい十分な練習を積むこと...、
これ以外にはないのだけれど。

でもコントロールできなんだろうか、ちょっとくらい。
前に緊張しなかった時のことを思い出してみる。
アヴェマリアとオブリビオン...両方ピアソラですごく好きな曲、そして白い系の楽譜。
(早い曲については、緊張しなくても仕上がり自体があやしく途中で崩壊する)
好きな曲、何度も何度も聞いて曲のイメージをつかむくらいの難易度の曲、弾いてて気持ちいい曲。

私の場合、緊張しないのとピアソラはセットなのか!?

...って、本番前に考えてもねえ。

+++
とても美しいディッタースドルフのコントラバス協奏曲の2楽章(バッハの羊は静かに草をはみを思い出してしまう)、それと、愛の悲しみ(超有名曲)では、
弾いている時、映画でも見ているような感じになり、あんまり覚えていないのだけど、
なぜか上手くいかなかった部分だけは感覚が鮮明になる。
だから、弾き終わった後は、緊張して全然てできなかった!という感想になるのだけど
冷静になってみると、練習の6,7割くらいの出来なのではないかなー。

やはり、十分な練習を積むこと、あとは聞いてイメージ固めること、これしかない。

がしかし、来年はピアソラにしよう♪